サプリメントを食事代わりにすることのデメリット

いくつかのデメリットが、サプリメントを食事代わりにすることにはあるといいます。
ひとつの栄養素の摂りすぎてしまうことが、一番にあげられるデメリットです。
普通の食事でまずありえないのが、ある栄養素だけを摂りすぎてしまうということです。
もちろんカロリーの摂り過ぎはあるでしょう。
しかしこの場合栄養素の摂り過ぎとは違います。
食事代わりに摂った場合に単一栄養素の摂りすぎを、サプリメントは満腹感が得られにくいため招きやすいといえるのではないでしょうか。
このほか咀嚼の問題も、食事代わりにサプリメントを摂取した場合に考えられます。
サプリメントを食事代わりにすることにより噛む事がなくなり、顎や脳への刺激、唾液の分泌が低下します。
さらにサプリメントの成分の問題もあります。
添加物が通常の食事においても問題視されるようになったのはよくご存知ではないでしょうか。
その形状を保つために人工的に加工されているのが、サプリメントの特徴です。
ということは、添加物がいろいろと使用されており、通常の食事で摂るよりもはるかにたくさんの添加物を、食事代わりに摂ることにより摂取していることになるのです。
もう一つの問題点は、サプリメントに含まれる栄養素そのものの質です。
決して人工的に合成された栄養素は、体に優しいものとは言えないのではないでしょうか。
これらの理由を見てみるとサプリメントを食事代わりにすることはお勧めできることではありません。
デメリットが生じる場合が、いくら健康に役立つサプリメンでトも利用の仕方を間違えることであり得ますので、用法や用量を守ってサプリメントを活用したほうが良いでしょう。
posted by サプリさん at 11:00 | 食事代わりのサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。