サプリメントと健康被害

どのような健康被害が、サプリメントとにはあるのでしょうか。
厚生労働省で認められている、いわゆるトクホのような健康食品以外のものは自称の健康食品であると言えるのではないでしょうか。
法的には一般の食品と、健康食品とかサプリメントとして販売されているものは同じものとして扱われます。
サプリメントや健康食品として販売されている商品の中には、実はたいした効果が感じられないものもあり、話題性ばかりが先行しているともいえます。
きちんと科学的な裏づけがされていないものは、いわば本当の効果は半信半疑だともいえるのではないでしょうか。
サプリメントには、日本の信頼できる大手メーカーが製造しているものもありますし、はっきりとどこのメーカーか分らないサプリメントもあるといいます。
サプリメントの中には健康被害が発生してしまったケースもあるので、特に注意が必要です。
健康食品やサプリメントによる健康被害でよくあることは、利用した人の身体に合わなかったケースや、商品自体の成分による副作用の発生等ではないでしょうか。
口コミやマスコミなどによる情報は、そのまま鵜呑みにしてはいけません。
また用法や容量を守らずに、サプリメントを過剰摂取してしまった場合もあります。
事前によく確認しておくことが大切なのは、海外から取り寄せたサプリメントは成分がよくわからないことがあるからです。
体質によっては健康に思わぬ悪影響が生じるケースも、比較的副作用がないといわれているビタミンやミネラルのサプリメントでさえもあるそうです。
子供には、健康食品やサプリメントは与えないことが原則のようです。
中にはカルシウムなどを積極的にサプリメントで補っている場合がありますが、体が小さい分、過剰になりやすいので、普段の食事から摂るように心がけましょう。
posted by サプリさん at 09:01 | 健康食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。