健康食品と栄養過剰について

あくまでも、サプリメントや健康食品は薬ではなく食品だといいます。
サプリメントは基本的に食品なので、過剰に摂っても問題ないと考えがちなのですが、注意しなければならないことがあります。
サプリメント製品の品質により、その栄養素の有効率などには、かなりばらつきがあるようで、サプリメントは副作用はほとんどないといわれていますが必ずしもそうとは言えません。
その手軽さからサプリメントでは過剰に栄養摂取をしてしまいやすいので、体に対する影響も問題視されているといいます。
ビタミンAが主成分のサプリメントや健康食品には、特に気をつけたいものです。
栄養成分の中でもビタミンAは、豊富にほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜や、うなぎなどの食品にも含まれていて、案外食事から摂取しやすいようです。
ビタミンCと違いビタミンAは、水に溶けにくい性質があるのでその特徴は、体の外に排泄されにくい特徴があるといいます。
体に悪影響を及ぼす可能性が、ビタミンAを過剰に摂取し、肝臓に蓄積されてしまうことであるといわれています。
サプリメントでビタミンAを過剰に摂り過ぎたため肝機能障害を起こしたという例も、実際に報告されているようです。
特に注意が必要なのは妊婦の方で、過剰にビタミンAを栄養だからといって摂取すると、胎児に悪影響を与える可能性もあり、とても危険だといえるでしょう。
基本的に子供もあまり健康食品やサプリメントには頼らないほうがいいそうです。
かえって栄養も摂りすぎると、健康には逆効果になることがあるといわれています。
サプリメントや健康食品は必要なときにだけ適切な量を摂取するように心がけ、過剰にならないようにサプリメントに表示されている用法用量を守るようにしましょう。
posted by サプリさん at 10:00 | 栄養補助食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。